忍者ブログ
〈2008,2,17設置〉長編用ブログです。文責・著作権は巽にあります。無断転載は禁止とさせて頂きます(する程のものもありませんが)
Admin
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「君、霊を視た事無いでしょう」
 いきなりそう声を掛けられて、気分を害しなかったとは、正直を身上としている――少なくとも自分ではそう思っている――こうには言えなかった。大体、初対面の、それも只街を歩いていて目が合っただけの相手に何という失礼極まる言葉だろう!
 他は兎も角、この国では視えない者の方が少ない。血統に由来するのか、此処の場が霊に力を与え易いのか、その辺は未だに確かな説が無い。が、大概の者が視えるのだ。こんな国もそうそう無いだろう。
 しかし、皆が皆、視える訳ではない。中には視えない者も居る。しかし、その少数派を侮ったりその力が無い事で馬鹿にしたりしてはならないという政府方針がある。
 だが、そんな方針がある事からしても、それが一般に行われている事であるのは明白だ。実際には、それだけで蔑まれたり差別される事は少ない。だが、どうしても、視えない者達は自分を見る、視える者達の眼が気になるのだ。
 だから、彼等は先ず視えない事を知られないようにしている。これはそれ程難しい事ではない。霊を見慣れた者達はいちいちそれらを話題にはしないし、あんなもの怖くないよ、と言って置けば、只豪胆だと思ってくれる。
 しかし、今、紘の目の前に立っている少年は、あっさりと彼が内緒にしている事を見抜いていた。
 そう、彼は視えなかったのだ。
 生まれてこの方、十八年近く、視た事が無い。
 しかし、それをどうして、このたった今逢ったばかりの少年が知っているのだろう? 初対面だという事には自信がある。全財産の半分位なら賭けてもいい。どうせ僅かだ。
 紘は気味悪げに相手を観察した。
 
 それ程異常には見えない。彼と同じか一つ位下の少年だ。
 切れ長の、紫掛かった黒の眼が綺麗だ。その眼は細面の端正な造りの顔の中にある。鼻筋は通っているが高過ぎる事はない。口は小さく、紅い。髪は黒だが、艶やかで、時折光の加減で銀にさえ見える。その髪はやや長め。襟足は特に長く、背迄ある。中肉中背、と言うにはちょっと華奢だ。服装はごくさっぱりした浅黄色の着物。山吹の帯が色を添えていた。足には軽くて歩き易そうなサンダル。飾りの類は一切無い。
 が、こいつ自身が飾りの様だな――と紘は遠慮の無い事を考えた。
 だが、どういう人間なのかは測り兼ねた。
 身形はいい。余り紘の生活圏内ではお目に掛かれないものだ。動作も柔らかで舞踊を舞っている様な感さえある。
 少なくともこの辺の者とは思われない。この辺は下町もいい所なのだから。街路はごみごみとしているし、うろついているのも碌な連中ではない。まぁ、その殆どは紘の知り合いなので、それ程悪くは言えないが。
 
 しかし、そんな所にこんな人種が来るのも妙な事だった。況してや彼は一人だった。
 身包み剥がれても知らねーぞ――と紘は思わずにはいられない。時折こんな奴が碌でもない目に遭ってこの街から逃げ出すのを見た、という話を聞く。尤も、彼自身は見た事は無い。そんな馬鹿がそう多く居るとも思われないから当然だろう。
 しかし、見る限りこの少年は頭に問題がある様には見えない。緊張感の無さそうな奴ではあるが、馬鹿ではなさそうだ。
 一方、彼の方も、紘を観察している様だった。
 こいつの目に、俺はどんな風に映っているんだろうな――紘は皮肉な気分で思った。こんな奴から見れば、さぞみすぼらしく見える事だろう。
 黒くやや長い髪は緩く括っただけ。手入れも怠っている為に硬くてぼさぼさだ。顔は自分でもなかなか整っていると思う。目の大きさでは彼に負けるが男らしさでは勝っている。だが、この辺では少年の方が余程人目を引く。この辺には先ず居ない人種だからだ。紘の灰色の眼は鋭く、彼の和やかな眼とは正反対だ。そして身体付きも正反対で、紘は背が高くやや大柄だ。全体に太くはないが小さな頃からの肉体労働の為か、筋肉が発達している。服装は継ぎの当たった短めの着物。単衣(ひとえ)だ。帯はその辺の紐を結んだ様な物だ。とてもこの少年と比べられる物ではない。おまけに足は裸足。が、足の裏は硬くて丈夫だ。

 少年は不意に紘に笑い掛けた。それ迄無かった華やかさが加わった。
 しかしその微笑は紘を途惑わせた。
 そもそも、こいつは何者で、何故紘に声を掛けたのか? それも、選りによって「君、霊を視た事無いでしょう」とは。
 随分な挨拶だ。
「あんた、誰だよ?」紘はそれ相応に、無愛想に尋ねた。態と胡散臭げに相手を眺めて。

                      ―つづく―
 

PR
free area
comment
☆有難うございます☆
[03/11 afool]
[10/14 冬猫]
[09/07 冬猫]
[08/15 冬猫]
[08/05 冬猫]
profile
HN:
たつみ
性別:
女性
自己紹介:
読書が趣味のインドア派。
コメント&ツッコミはお気軽に。
但し、当方に関係の無い宣伝等は削除対象とさせて頂きますので悪しからず。
フリーエリア
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最古記事
最新記事
(03/12)
(12/09)
ブログ内検索
counter
bar code
アクセス解析
trackback
忍者ブログ [PR]