忍者ブログ
〈2008,2,17設置〉長編用ブログです。文責・著作権は巽にあります。無断転載は禁止とさせて頂きます(する程のものもありませんが)
Admin
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 紘は三日三晩、柘羅が一体どういう性格の持ち主なのか、考えに考え抜いた。
 しかし、解らなかった。
 あれから紘は、何処とも知れない邸(やしき)に連れて行かれた。彼の意識が無かったのだから有無を言わさずもいい処だ。
 そして暫くして目覚めた紘に、柘羅は笑いながらあの時の真相を話して聞かせた。
 あれは無論喧嘩の際にどこか打った訳でも――大体そんな事が無かったのは紘が一番よく知っている――また、問題の霊が彼の意識を乗っ取りに掛かった訳でもなかった。
 全て、柘羅の所為だったのだ。

「悪いとは思ったんだけれどね」と前置きしながらも柘羅は言っていた。「あの時一時的に君の意識を封じさせて貰ったんだ。君の自我が強かったんで鳥渡手間取ったけれどね。それ程難しい事じゃないんだ、これは」
「何だってそんな真似を……」紘は怒るよりも先ず呆れ、そして彼がどうして此処迄して自分を繋ぎ止めようとしているのかに興味惹かれて尋ねた。「訳が解んねぇから慌てちまったじゃないか。お前が言ってた霊とやらに身体盗られたんじゃないかとか……」
「ああ、あれ? けれど本当は危なかったんだけれどね」
「どういう意味だよ?」
「本当は君みたいに力の強い霊に取り憑かれている人にはああいう術を掛けてはいけないんだ。それに乗じて霊が君の意識を封じてしまい、その儘盗ってしまう事もあり得るから」
「おい……!」紘は思わず大声で怒鳴る。「それを知っていながら術掛けたのかよ! お前は!」
「大丈夫。奴は祓った」柘羅は全く悪びれもせずに言った。「もうどこかに行っちゃったよ。この辺には居ない」
「……」紘は思わず脱力し、彼が寝かされていた、これ迄見た事も無い程精緻な細工の施された寝台の上で、更に見た事も無い程綺麗な掛け布団に包まれた膝に突っ伏した。
 こいつは案外狸なんじゃないかと思う。いや、ほっそりしているから狐かも知れない。
 兎に角化かされた気分だ。
「ごめん。けれどこうでもしないと琳璃達が煩いから……」狐狸にしては素直に、柘羅は詫びた。
「そりゃそうだろ。俺みたいな得体の知れないのを、こんな邸に連れて来るなんてな。先ず大概は反対するな」紘は琳璃達が煩い理由に思い当たって言った。流石に癪に障るが。
「それに琳璃は特に僕が他人と付き合うのを好まないから……」
「妬いてんだろ」紘は気の強そうな少女の面影を思い浮かべながら笑った。
「それだけかな……」柘羅は紘の言葉に照れもせず、本当に不審に思っている様に眉を顰めた。
「何だよ。友達なんだろ? あの娘。それにあの娘の兄貴も」只の仕え人にしては余りに親しげだったではないか。
「瓏琳は親友だよ。けれど……琳璃はよく解らない」柘羅の言い方は本当に彼女が解らず困惑している様だった。
 だから、紘もそれ以上その事について追求するのは止めた。代わりに、もっと重大な疑問を追及し始める。

「で、どういう事なんだ? そこ迄して俺を此処へ連れて来る理由がどこら辺にあるって言うんだ?」
「別に此処でなくてもよかった。君と話が出来れば……却って此処でない方がよかった位だよ。余計な気を遣う必要が無いから」柘羅は彼の背後の扉を振り返った。
「此処じゃ誰かが、お前や俺を見張ってるとでも?」紘は笑った。妙な所、神経質じゃないか、と。
「僕が君と会った街に出掛けるのに、どれだけ苦労したか解るかい?」不意に、柘羅は訊いた。溜め息混じりだ。
「……そもそも、此処、誰の邸なんだ?」紘は先ずそれを訊くべきだったと思い当たり、尋ねた。大体場所からして解らないのだ。今迄訊く事を思い付かなかったのも、柘羅の笑顔に毒気を抜かれたが為だ。
「天地詞維和」柘羅は何故かその名を口にするのが嫌そうだった。
「詞維和……って、お前じゃないのか? 確かあの二人がそう呼んでたじゃないか」紘は目を丸くする。「そう言えば琳璃って娘なんか、詞維和様、なんて呼んでたな。一体どういう御身分なんだ? お前」
「その呼ばれ方は嫌いだ」思いの外冷たい、冷め切った声を、柘羅は洩らした。そして扉の向こうを憚る様な小声で、再び、名乗った。「僕は柘羅。それでいい」
「けど、諱を人前で呼ぶ訳には行かないだろ?」
「瓏琳と同じ事を言うんだね」
「常識的な事を言ってるだけだ」相手の非常識に対して軽い皮肉を交えながらも紘は言った。「どうやらあの瓏琳とかいう奴はお前よりは常識家らしい」
「瓏琳は人前では詞維和と呼ぶ。けれど他に聞く者が無ければ柘羅と呼んでくれる」余程詞維和と呼ばれるのが嫌らしく、柘羅はそう言い張った。
「琳璃は?」
「琳璃は……琳璃には諱は教えていない」
 ほぉ、一応人を選んで諱を教えてるのか――紘は片方の眉を軽く上げる。しかし、だとすればそれ程彼女を信用していない、或いは信用していいかどうか計り兼ねているという事だろうか?
 どうも、これでなかなか色々ありそうな奴だな。

                      ―つづく―
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは~
『荒れは無論喧嘩の~』[あれは]??
後、『鳥渡』、[ちよっと]と同じ意味だけど、これは漢字じゃない方が良いんじゃ無いかな?


で、なんで屋敷に連れて来たんだ~?何を考えてるのか、焦らしますのぅ~
彼女も信頼されてないの??
何かいろいろと~気になります。(^^)
冬猫 2008/04/06(Sun)21:34:35 編集
Re:こんばんは~
おおう、変な所迄変換してる(汗)
因みに「良いんじゃ無いかな?」の「無いかな」は平仮名じゃないのかな?
無い――存在が無いという形容詞。
~ない――助動詞。
「鳥渡」も駄目っすか? これでも元のに比べて大分漢字減らしてるんだけどなぁ。ゆとり教育の弊害っすね!
巽【2008/04/06 22:50】
冬猫
お。[なかった]すみません~
ちよっとは、年寄りの私にも、ちよっと読めないな。(笑)
冬猫 2008/04/07(Mon)00:04:35 編集
Re:冬猫(笑)
私が昔愛用してた辞書はどれだけ古かったんだろう……(遠い目)
まぁ、姐さんより年上の姉の使ってた奴だからなぁ。広辞苑でさえ載ってない様なのもあったしな(笑)
巽【2008/04/07 00:28】
話するの?
話するの?
BlogPetの月夜 URL 2008/04/08(Tue)14:33:34 編集
Re:話するの?
何の?
巽【2008/04/08 14:58】
こんにちは
結局背中の奴はあっさりと祓えたんですね^^;
琳璃に言えないようなことでもしてるんだろうかと邪推。。
らすねる URL 2008/04/09(Wed)14:59:54 編集
Re:こんにちは
背中の奴、あっさりし過ぎましたかね(^^;)
琳璃に言うと成敗される……事はないけど、ヤバイ!(笑)
巽【2008/04/09 16:03】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
free area
comment
☆有難うございます☆
[03/11 afool]
[10/14 冬猫]
[09/07 冬猫]
[08/15 冬猫]
[08/05 冬猫]
profile
HN:
たつみ
性別:
女性
自己紹介:
読書が趣味のインドア派。
コメント&ツッコミはお気軽に。
但し、当方に関係の無い宣伝等は削除対象とさせて頂きますので悪しからず。
フリーエリア
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最古記事
最新記事
(03/12)
(12/09)
ブログ内検索
counter
bar code
アクセス解析
trackback
忍者ブログ [PR]